外構工事とは? 仕事内容をご紹介

 

有限会社中郡工業はエクステリアの設置をはじめとする外構工事を手掛けています。「外構工事」とは「建物の外側に施す工事」のことです。ウッドデッキやカーポート、駐車場などの設置や外観のトータルコーディネートなどが主な仕事になります。


今回は弊社が展開する外構工事の概要や、仕事の内容についてご紹介しますので、ご興味がある方は、ぜひご覧ください。



■住まいの利便性を高めるエクステリア工事



一般的に「外構工事」と言ったらエクステリアを設置したり、お庭を彩るために植栽をあしらったりと、住まいの外側を美しく整備する施工を指します。特に外構工事は別名・エクステリア工事といわれるくらいです。さまざまな外構設備を設置することで、生活のクオリティが高まります。


エクステリアでも、一般的なものだと門柱・門扉の設置、駐車場(カーポート)の設置、塀や垣根などの境界や目隠し目的でのフェンスの設置、ウッドデッキの設置、ガーデンルームなどの構造物が挙がります。その際には、外構デザインのプランニングや基礎工事、土留め工事、ブロック積みなどの土木工事も外構工事の仕事に含まれるのは確かです。


各エクステリアにはそれぞれに機能性があります。ウッドデッキはリビングと庭をつなぐ役割を果たすので、家族の生活スペースを増やしてくれますし、フェンスやブロックなどは、第三者の視線を遮ることでプライバシーを保護してくれます。


エクステリアはニーズによってさまざまな種類がありますので、それぞれのお住まいのお悩みごとをはっきりさせたうえで、確実に解消してくれるアイテムを設置する必要があります。まずは機能性を意識することが求められるのです。


その上で、デザインにも力を入れる必要があります。お庭は第三者の視線にも入る場所です。デザインのセンスによって住まう家族の印象も大きく左右されます。だからデザイン性をしっかりと意識することを心掛けなければいけません。


近年では建物の外観だけでなく街の景観や近隣の雰囲気までを含めてデザイン性を高めることが求められています。トータルコーディネートで提案することで、外観をおしゃれに見せながら機能面も重視するという傾向が顕著にあるようです。有限会社中郡工業は、トレンドも含めたうえで美しく使いやすいエクステリアを設置します。



■DIYは失敗のリスクもある



2015年ごろからブームとなったのがDIY。「Do It Yourserf」の略で、業者を通さずに個人でエクステリアを製作して設置することを指します。現在、SNSやYoutubeでDIYの様子を確認しながら実践する方も多くいるようですが、専門業者としてはとてもおすすめできません。


完成予想図が明確だったとしても、長く快適に使えるエクステリアをつくるのは骨が折れる作業です。大いに失敗する可能性がありますし、器具の使い方を間違えると大きな怪我につながってしまう可能性もあります。木材をはじめとした材料代も決して安い金額ではありません。失敗してしまうと逆に無駄なコストがかかってしまいますし、怪我をしてしまえば元も子もありません。


せっかく取り入れた外構エクステリアで失敗することなく安心して暮らすためにも工事をする際には専門の方に頼む方が安心です。



■長年の経験がある外構工事業者は安全かつ高品質な仕事ができる



だからこそ、エクステリアアイテムの設置をはじめとした外構工事は専門業者に依頼しましょう。外構工事業者は専門的なノウハウやスキルを駆使して、ハイクオリティな施工ができます。お困りの際は有限会社中郡工業までご相談ください。


また現在、職人を募集しております。

外構工事をお考えという方はもちろん、手に職を付けて活躍できるようになりたいという方はお気軽にご相談ください。