おしゃれでメンテナンスの楽な、タイルテラスのすすめ

 

お庭があると、四季折々の風情を楽しむことができたり、バーベキューやお子さまの外遊びなど、家での時間がいっそう豊かになるものです。ただ、春夏にかけての草むしりや、秋の落葉の掃除など、手間のかかる一面があるのも事実。

そこで今回は、メンテナンスがしやすく、エクステリアとして人気のあるタイルテラスについてご紹介いたします。




■シロアリや腐朽の心配は無用! 高級感とメンテナンスの楽さが魅力



テラスやデッキに木を張ったものをウッドデッキと呼ぶように、タイルテラスとは、テラスやデッキ部分にタイルを敷き詰めた半屋外空間のことを意味します。


タイルは、原料となる粘土にを高温で焼き固めたもので、耐火性・耐熱性・耐水性・耐摩耗性に優れているので、大きな劣化がなく、長い間使っていくことができます。天然木のウッドデッキのように、シロアリや腐朽の心配をする必要もありません。メンテナンスに手間がかからない上、高級感があるのも魅力です。

デザインも、和風・洋風・シンプルモダンなど幅広く、お庭のイメージと一体感をもったテラスをつくることができます。


費用についてですが、ウッドデッキよりは高くかかるというのが定説。ただ、たとえ初期費用が高くとも、耐久性にすぐれている分、長い目で見ればお得とも言えます。

またタイルの種類によっては、ウッドデッキと同等あるいは安く仕上げることも可能です。




■DIYは厳禁! 施工は必ずプロに相談を



タイルデッキは基礎となる土台をコンクリートでつくり、床面のタイルを1枚ずつ手作業で敷き詰めていきます。タイルとタイルを並べたわずかな隙間の「目地」は、樹脂を入れて整えるため、施工の難易度はウッドデッキ以上。工事は必ず、経験豊富なプロに依頼しましょう。


タイルは夏の日差しによる温度上昇や、雨・雪などで滑りやすくなるといった注意点もありますが、最近ではこうしたデメリットを解消した機能性タイルも登場しています。ただ、小さなお子さまやご年配の方がいらっしゃるご家庭では、念には念を入れて安全面も確認しておくことをおすすめします。



中郡工業ではタイルテラスはもちろん、アプローチ部分の施工やウッドデッキ、カーポートの設置など、外構工事全般にわたって豊富な実績があります。もっと庭をきれいにしたい、使い勝手をよくしたいなど、エクステリアに関するご相談ならどんなことでも承ります。どうぞお気軽にお問い合わせください。