雨対策はおうちの中だけではなく、外でも必須!

 

毎年のように大雨や台風の被害はひどくなる一方で、暮らしの上で雨対策は欠かせないものとなっています。特に短時間で大量に雨が降るゲリラ豪雨は悩ましいもの。お庭や玄関まわりがぬかるんでしまい、場合によっては一角に水がたまってなかなか引かず、カビや害虫が発生するなど、不衛生な状況を引き起こしてしまうことも。


そこで今回はおうちの外まわり、すなわち外構面の雨対策についてご紹介いたします。




■雨の日のお出かけの憂鬱を解消するカーポート


まず、取り掛かるべきは、生活の足として欠かせない「車」の駐車スペースです。

茨城県においては1世帯あたり1.59台の自動車を保有しているというデータがあるように、少なくとも1台以上の駐車スペースが、どのお宅にもあることでしょう。

その駐車スペースには、車は適切に雨よけの屋根などを設けていますか?

カーポートのように雨よけの屋根があると、車に乗り降りする際に傘を開いたり閉じたりする必要がなく、濡れた傘を車に持ち込む必要もなくなります。




■雨対策は屋根だけでなく、地面も必要!


また屋根だけではなく、あわせて考えたいのが地面の舗装。土のままだと雨でぬかるんで、泥で靴や裾が汚れるだけでなく、愛車や玄関内に泥を持ち込むことになってしまいます。

したがって玄関アプローチや駐車スペースは、舗装するのがおすすめ。砂利を敷く手もありますが、駐車スペースですと砂利が跳ねて車体を傷つけてしまう可能性もあるため、あまりおすすめできません。


駐車スペースの舗装には、「土間コン」と呼ばれる土間コンクリートが一般的に使われています。砂利と異なり車体を傷つけることもなく、土のように水を吸い込まない分、泥で車やご自身の靴が汚れることもありません。雑草対策としても有効です。




■デザインにこだわる方には、ローラーストーンもおすすめ!


水を吸わないのならゲリラ豪雨の時、水たまりができてしまうの……? とご心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心を。

駐車スペースをつくる際は、水がたまらず流れていくように、勾配をつけて施工します。勾配といっても目で見てわかるものではなく、平均的には2%。つまり1mに対して2㎝程度の角度ということです。このような水勾配は歩道にも施されています。


コンクリートではちょっと味気なくて物足りない、という方には、以前にもご紹介したローラーストーン(https://chugun-kogyo.com/blog/exterior/109071)もおすすめです。高級なタイルや天然石のような仕上がりになり、デザインも自由で強度があり、低コストであるのが魅力です。


茨城県水戸市に事務所を構え、水戸市をはじめ茨城県内で外構工事を手がけている中郡工業では、今までにはないおしゃれなカーポート設置やローラーストーンによるアプローチ施工が可能です。外構工事に興味がある方、また住宅の雰囲気を崩さない外構にしたいとお考えの方は、お気軽にご連絡ください。